リスティング広告の運用代行についてのノウハウやテクニックを公開します!

ホームページ運用のトラブル事例、よくある問題と解決策を解説!

ホームページ内のリンクボタンやバナーをクリックしても、

  • 「ページが真っ白で何も表示されない」
  • 「TOPページが表示される」
  • 「ページが見つかりません」

という画面が表示される。ホームページ運用における、突然のトラブルについて。

原因はいくつか考えられますが、

エラーが出ている・・・

つまりは記事が存在していない・・・

 

一般のユーザーがホームページを訪れたときに、ページが表示されないと、少なからずガッカリするでしょう。人によっては、「このホームページは参考にならない」「信用できない」と感じてしまうかもしれません。

 

そして、結果的に開いていたページを閉じてしまいます。こんな経験をしたユーザーが、二度とサイトに訪れてくれないかも知れません。

 

そこで今回は、「ホームページ運用」におけるよくあるトラブル事例について、その原因や解決方法を解説させていただきます。

 

本題の前に少し自己紹介

スリーカウント株式会社は静岡県を中心に全国500社以上のWEBマーケティングの支援をしている会社です。

特に地方企業様のインターネット集客を得意としており、様々な業種での成功例がございます。

ホームページ制作会社でも広告会社でもなく、「WEBマーケティングを活用して集客と求人」の問題を解決する企業として、今回の記事が皆様の集客の問題の解決にお役立ていただければと思います!

わたしたちの集客改善に関わるサービスはこちら

https://www.three-count.jp/result/

皆さまの集客のお悩みを30分無料相談で解決します

https://www.three-count.jp/inquiry2/

 

トラブル事例1「ホームページが表示されない」

ホームページが表示されないトラブルの原因としては、下記のようなことが考えられます。

  • 取り急ぎでホームページを作成し、記事は後から追加しようとしたまま忘れてしまっている。
  • 忙しくて記事作成に取り掛かる時間がない。
  • 前担当者から引き継いだままの状態で、ホームページの現状をよく知らない。
  • 資料などが足りず、記事をなかなか作成できない。

など、ホームページの担当者の状況によって様々な理由があると思います。

 

しかし、だからといってこのままの状態で良いのでしょうか?

閲覧者は、そのような理由があることはもちろん知りません。

現在公開されているホームページの情報しか受け取ることはできないのです。
上記のように、閲覧者にせっかくホームページを見てもらえても、
ガッカリさせてしまっては非常に勿体無いです。

 

御社のホームページの状態はどうでしょうか?
真っ白なページはありませんか?
リンクが切れてしまっているページはありませんか?

 

基本的な事ではありますが、意外と自社で制作されている場合は起こり得る事例です。
定期的にホームページのチェックをしてみてください。

 

「ホームページが表示されないときの応急処置

記事がすぐに作成できるようでしたら、それが一番良い対処法ですが、忙しくて時間が無い方や記事にできる程の資料が無い方にとっては、すぐに記事を作るというのはなかなか大変な作業になります。

 

そこで、応急処置として
「このページはただ今掲載準備中です」
のような文章を掲載してみてはいかがでしょうか?

「何もない」よりは、閲覧者に与える悪い印象は少ないと思います。

 

ただし、あくまで応急処置です。
このようなページが複数ページあったり、半年以上、1年以上このままの状態が続けば、やはり閲覧者のそのホームページに対する信用度は下がっていきます。

 

少しずつで構いませんので、公開を目指して記事を作成していってくださいね!

リンク切れをチェックできる無料ツール「リンクチェッカー」

ホームページの規模が大きいと、1ページ1ページ確認するのも時間が掛かります。
そんなに時間は掛けられない!という方、もっと簡単にチェックしたい!という方は、
下記のツールを使ってみてはいかがでしょうか?

 

リンクチェッカー(リンク切れチェックツール)

 

使い方は簡単。
「リンク切れチェックを実行する」の「URL:」にチェックしたいホームページのURLを入力して、「チェック」をクリックするだけ!

 

あとは「チェック状況」のところに順次結果が表示されていきます。

 

 

もちろんエラーがあれば、詳細も表示されるので参考にしてみてください。
※ホームページの規模が大きければ大きいほど時間は掛かりますのでご注意ください。

ホームページの更新が止まっている・・・

まずはこちらをご覧ください。

 

 

ホームページでよく見かける「新着情報」です。
もし、貴社がこのホームページに訪れた時、この新着情報を見て、A・B・C、どのホームページを見てみようと思いますか?

A. 止まったままのホームページ
Aは、新着情報が「2013年」とあります。
現在が「2015年」とした場合、このホームページは「2年間も更新されていない」という印象を受けますよね。

C. 活動的なホームページ
Cは、どうでしょう。
毎週更新がされているのが分かりますよね。
新しい情報や常に何かを行っている動きが感じられるので、とても活動的な印象を受けます。

B. 機能しているホームページ
Bは、Cほど頻繁ではありませんが、月に1回更新がされていることで、
ホームページがちゃんと機能していることが分かります。

貴社のホームページの「新着情報」は今、どんな状態でしょうか?

もちろん、業種などによっては「新着情報」がないホームページもあるかと思います。
ですが、もしホームページに「新着情報」というお客様へ発信する場所があるのでしたら、ぜひ活用いただきたいです。

「新商品の情報」や「長期休暇のご案内」、「イベントのお知らせ」など
貴社の動きがわかる情報をぜひ発信してください。

続きまして、こちらをご覧ください。

 

 

ホームページにて掲載している企業も多い「事例」ページです。
さて、上記2つの事例、貴社ならAとBどちらを参考にしますか?

A. 最近の事例がないホームページ
Aは、こちらもまた最後の事例が「2013年」で止まっています。
例えばこちらのホームページが建築会社だったとしたら、

「ホームページはあるけれど、今も家を建てたりしているのだろうか」

「最近の実績がないけれど、今も構造やデザインのコンセプトは同じだろうか」
など、お客さまはきっと問い合わせをすることに対して不安を抱くでしょう。

B.最近の事例が豊富なホームページ
Bは、どうでしょう。
月に1回は、新しい事例が掲載されています。
建築会社で例えるなら、

「この会社で家を建てている人がいるんだ。実績があるなら安心かな。」

「この会社は、こんな家も作ることができるんだ。話を聞いてみようかな」
など、お客さまへ問い合わせに対する安心感を与えることができます。

さて、貴社の事例ページはどんな状態でしょうか?
事例には「制作事例」「施工事例」「導入事例」など様々あります。
その企業がどんな事を行っているのか、
どんな物を作っているのかをアピールできるページです。
ぜひ、ご活用ください。

他にもあるかも!?古い情報をチェック!

「新着情報」や「事例」を例に、ご紹介してきましたが、
情報が古いまま掲載されている可能性のある場所は、他にもあります。

 

  • 店舗情報 ( 連絡先や住所・地図など )
  • スタッフ情報
  • 求人情報
  • 会社概要 ( 従業員人数や資格保有者人数、資格や免許番号など )
  • ブログ

ホームページを作成した当初から取り扱い商品やコンセプトなどが変わっている場合もありますし、以前作成した記事も、現在とは状況が変わっているかもしれません。

 

お客さまにとっては、重要な情報です。
一度、お客さま目線で見直してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は、「ホームページ運用」におけるよくあるトラブル事例について、その原因や解決方法を解説させていただきました。

 

ホームページの運用において、一部のページが正しく表示されないのは、珍しいことではありません。

 

しかしながら、ユーザーがこうした表示されないホームページや問題を抱えたページ、古い情報が掲載されたページに触れると、どんどんそのホームページに対する信用度が下がっていきます。

 

信用される会社であり続けるためには、ホームページの運用についても細部まで気を使い、ユーザーにストレスを与えない運用を心がけましょう。

今回ご紹介したホームページ対策は、限りあるご予算を最大限効率的にご活用いただくために、インターネット集客を検討されている皆様に対して実際によくご提案させていただく方法の一部です。

 

それ以外にも弊社には、広告費や集客・求人にかける全体の費用を抑えながら徹底的に成果を生み出していくノウハウと実績がございますので、よければこの機会に弊社が行っている【毎月3社様限定の無料WEBコンサルティング】をご利用いただき、プロの知見に触れてみてはいかがでしょうか。

大変人気のサービスとなっておりますので、お早めにお申込みいただければと思います!

\毎月3社様限定
無料WEBコンサルティング」で集客の課題について相談してみる

この記事はわたしが書きました

スリーカウント株式会社代表取締役鈴木悠資

2007年に静岡大学3年次に同じ大学のメンバーとスリーカウント株式会社を起業。
2011年より本格的にインターネット広告運用業務をスタートし、現在静岡県のトップ代理店の代表として、
自社のお客様のみならず県内の各種広告代理店様へのセミナーや、チームビルディングを積極的に行う。
インターネット広告運用全般、戦略設計に基づくWEBサイトの改善が得意。

「WEBマーケティングを活用して集客の問題を解決したい」
「ホームページの成果をもっと伸ばしたい」
「採用の問題を解決したい」
など、お気軽にお問い合わせください!