リスティング広告の運用代行についてのノウハウやテクニックを公開します!

2021/05/25 コラム

静岡でのWEB集客を成功へ導く4つの方法!地方での集客こそインターネットがおすすめ

 

こんにちは!スリーカウント株式会社アカウントマネージャーの野中です。

この記事は静岡県でWEB集客(インターネット集客)を考えた時

 

  • 地域ビジネスでどのようにしたら集客が出来るのか
  • 店舗の近所だけを中心に集客して広告費の無駄を省きたい
  • WEBサイトを持っているのに上手く集客ができていない

 

このような想いや悩みを抱えているのではないでしょうか?

ここ数年の間に以前はGoogleやYahooなど検索エンジンだけを考えていればよかったWEB集客の状況から、インスタグラムやツイッター・ラインなどSNSでの集客が出てきて、変化についていくことが難しかったり、以前と比べてポスティングや折込チラシの効果が薄くなったりしてきたとお考えの方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

そこで今回は、静岡県で事業をされている皆様へ。

地方ビジネスで活用できるWEB集客(インターネット集客)の方法をご紹介します!

 

 

*少し自己紹介

私たちスリーカウント株式会社は「WEBマーケティングを活用して集客と求人」の問題を解決する企業です。これまで静岡県内外を中心に、500社を超えるお客様と関わっており、皆様が知る静岡のWEB集客で成功されている企業様のサポートも多くさせて頂いております。

今回の記事をきっかけに皆様のインターネット集客にお役立ていただければと思います!

毎月3社様限定のWEB集客無料相談も行っておりますので、もしご興味ありましたらこちらもご活用ください!

 

毎月限定3社様!30分無料相談はこちら
(今なら84業種のWEB集客改善スタートブックもプレゼント!)

 

 

目 次 非表示

大都市圏と地方で異なるWEB集客の考え方を理解する

静岡県で事業をされている皆様にとって、東京などの都市圏でのWEB集客と静岡などの地方でのWEB集客は少し違うのではないかと考える方も多くいらっしゃるかと思います。

1つ具体的な話としては、自社のサービスを探す人が少ない(検索数が少ない)ということです。

だからこそ地方ビジネスでもインターネット集客で成功できる方法を今回お伝えが出来ればと思います。

 

「地方ビジネスでの集客の基本的な考え:地域ワードでの検索獲得」

例えば仮に皆様が「静岡で学習塾」を経営していたとし、インターネットでの集客を真剣に考えたとします。おそらく多くの方がGoogle/Yahooで上位検索が出来たら集客はうまくいくとお考えになるのではと思います。

その状況において仮に「学習塾」というキーワードで検索1位となったとしましょう。おそらく多くの方が皆様のホームページに訪れますが、50%の方は「東京を中心とした関東に住む人」です。残念ながらいくら検索で1位を取ったとしても「静岡の人」は10%もいません。

だからこそ「静岡×学習塾」で上位を狙いたいと考えますし、多くの学習塾の経営者がここに対してSEO対策やリスティング広告を展開しています。

しかしながら実はここだけの集客数だと「検索数が少なく、数が一定以上集まらない」という問題を抱えます。これは地方に行けば行くほど検索数は少なくなり、いくら検索で1位を取ったとしてもある一定以上のホームページへのアクセスは難しくなります。

だからこそ多くの方がチラシやポスティングでの集客を実践されている理由にもなります。

 

地方でのインターネット集客を考えた際に、この地域という部分を切り離すことはできません。この部分を考慮した際に、どうインターネットを活用して集客をするべきか。

今回はさらに深堀をして、「静岡でのWEB集客の成功方法」を検証したいと思います。

 

 

静岡でのWEB集客でおすすめの方法は4つ!

 

静岡でWEB集客を考える際に勧めのWEB集客の方法は、ずばり下記の4つです!

・「地名×複数のサービス名」で検索エンジン上位を獲得すること

・地方ビジネスで絶対取り組むべき「Googleマップ対策(MEO対策)」

・エリアを絞った無駄のないリスティング広告

・インスタグラムを徹底的に活用すること

 

 

これらの施策は静岡でビジネスを展開されている企業様に対して、私たちが実際に集客のアドバイスを行う際にも、ご提案させていただく方法です。

もちろん他にも施策自体はありますが、厳選してご紹介させていただく手法ですので順に詳しく解説していきます。

 

 

【おすすめその①】「地名×複数のサービス名」で検索エンジン上位を獲得すること

 

先ほどの基本的な考えの続きになりますが、意外と取り組めていないのがこの「複数のサービス名」で検索エンジン対策をするということです。

概念としては1ワードでの集客数が少ないのであれば、「複数のワード」で上位検索をしてしまえばいい。シンプルな答えですが、多くのサイトでは実現が出来ておりません。

 

その前に基本のおさらい:集客のために重要な「SEO」とは

自然検索におけるサイト流入のために重要となるのがSEOです。SEOとはSearch Engine Optimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)の略で、日本語では「検索エンジン最適化」といいます。GoogleやYahoo!の検索結果で、より上位に自社サイトを表示するための施策で、自然検索時のアクセスを増やすことが目的です。

ここでは仮に静岡で音楽教室を経営しているのであれば、「静岡 音楽教室」で上位を獲得することは当然のこと、【複数のワード】で上位を獲得するためのSEO対策を指します。

 

 

複数のキーワードで上位を獲得するには「サイト構造」から考える必要がある

多くの方がこの「複数ワード」で上位検索をされていない理由の1つが「サイトのトップページ」で様々なキーワードで上位を獲得しようとするからです。

SEO対策を知っている方ならご存じですが、Googleは検索キーワードごとにすべて検索結果が異なります。そのため例えば静岡でハウスクリーニング業を営んでいる場合、「静岡 ハウスクリーニング」と「静岡 エアコン掃除」では検索結果は大きく異なるということ。

この各ワードに対応していくためには、「ハウスクリーニングはトップページで上位表示」「エアコン掃除はエアコン掃除のコンテンツ」というようにサイト構造からきちんとSEO対策を考えていく必要があります。これは複数のサービスで検索をされる可能性があればあるほど効果的となります。

 

また今ご覧いただいているページはおそらく「静岡 WEB集客」「静岡 インターネット集客」で上位に掲載をされているから皆さまはご覧いただいているかと思いますが、これも私たちは「意図的に」上位に来るように仕掛けています。

 

私たちのビジネスも「浜松 リスティング広告」と検索される方はあまりに少ないため、こうした「複数ワード」で上位検索を意図的に狙いにいくことで、私たちのサービスを検討される多くの方に弊社のサイトを見て頂くように展開をしています。

 

また最近ではスマートフォンなどに位置情報が記録されると、「エアコン掃除」と地域名を入力しなくても、ユーザーの検索履歴や位置情報から「近所の業者で探す」という考えが反映されるため、これらのビッグワードでの集客も可能となります。

 

 

注意:どんなにコンテンツ作りを頑張ってもSEOで失敗するケースも

静岡での集客を考えて、がんばってコンテンツ制作を行っても、全くお問い合わせが増えない場合があります。それは、WEBサイト自体の構造が、ユーザーの導線やサイト回遊の設計、内部のタグのSEOが考慮された造りになっていない場合です。

弊社で請け負っているWEBサイト制作案件の場合、大まかな目的を「集客」と「求人」に分けて、それぞれに最も効果の出やすいと考えられる方法で、コンテンツの設計を行っています。

しかし、もしあなたのサイトが目的に対して最適化されていないサイト設計であったり、SEOを考慮されていない内部構造であったりすれば、いくらページ単体が質の高い内容でも、ユーザーには届きにくくなってしまいます。ユーザーに届きにくいということは、お問い合わせや購買にも繋がらないということです。

 

上記のようなサイト設計に関しては、専門的な知識を有する方の目で見て判断する必要がありますが、自力で行うことはなかなか難しいことと思います。弊社では30分間だけの限定された時間内となりますが、無料でサイトの診断を行っております。このような無料の機会を利用してプロの知見に触れるのも1つの手です。

 

スリーカウントの無料サイト診断を依頼してみる(毎月3社限定)→

 

 

 

 

【おすすめその②】地方ビジネスで絶対取り組むべき「Googleマップ対策(MEO対策)」

場合によってはSEOよりも集客効果を発揮する「MEO」

ここ数年でGoogleの検索結果では「浜松+学習塾」「静岡+音楽教室」など、地域の店舗に関連したキーワードで検索されると、検索結果の上位にホームページよりも上にGoogleマップが表示されるようになりました。

このGoogleマップのエリアでは、Googleマイビジネスに登録のある「拠点を構える実店舗」が表示されるため、ポータルサイトや競合サイトと比較して「SEO」で負けていたとしても、自社サイトの情報がより上位に表示される可能性を持っています。このようにGoogleマップ専用エリアでできるだけ上位に表示されるように行う施策を「MEO対策」といいます。

 

2020年のコロナウイルス以降Googleマップは機能がどんどん充実しており、機能の充実とともに露出も広がっているため、地域ビジネスではもはやGoogleマップ対応は切っても切れない関係となります。

また有料でMEO対策を促す業者も数多くいますが、私たちの考えとしてはGoogleマップへの対策は無料の範囲で十分です。静岡でのビジネスにおいて安易に毎月コストをかけるほどの対応は必要ありません。逆にあまりに違和感のある口コミなどを書かれるとお客様は「違和感」を感じ取ります。この違和感はむしろマイナスの印象を生んでしまう可能性もあるからです。

 

Googleマップへの掲載はマイビジネスへの登録が必須

Googleマップエリアへの表示は、Googleマップに対して企業情報を事前に登録することで実現できます。企業情報を登録するためには、Googleマイビジネスへの登録が必要です。Googleマイビジネスから「住所」「営業時間」「サービス」「写真」「動画」「商品」などを登録することが可能となります。

また口コミへの返信やメッセージ機能に加えて、「簡易なホームページを作る機能」もついていますので、ある意味Googleマップさえあれば事足りてしまうビジネスも存在するといってもいいでしょう。余計なコストをホームページの作成に投じる必要もなくなってきているのです。

 

悪い口コミ(レビュー)は絶対に放置しない

口コミを強化するのは地域で比較されるビジネスでは間違いなく必要です。口コミが強いとWEBサイトに来訪した見込み顧客がお問合せに至る確率もぐっと上がります。

とここまでは当たり前の話ですが、私たちスリーカウントがお伝えをしたいのは「悪いレビューを絶対に放置しないこと」です。

悪いレビューを書かれると多くの方が「見て見ぬふり」をしたくなってしまいます。

しかしこれは「新たな悪いレビュー」を書かれるきっかけを生んでしまいます。

仮に皆さんがイタリアンのお店に行き、「あまり美味しくなかったな」と感じたとします。この方は気になってGoogleの口コミを覗きますが、悪いレビューがすでに書き込まれていたとしたら「やっぱりな」と思います。気分を害されたと悪い口コミを書かれるかもしれません。

逆に良い口コミが多かったり悪いレビューにも一生懸命対応をしていたりしたら「私が食べたものがたまたま美味しくなかったのかな?」「誠実なお店なのかな?」と自分がたまたまよくなかったかもしれないと、思ってもらえる可能性もあります。

だからこそ「悪い口コミ(レビュー)」は絶対に放置してはなりません。

 

 

 

 

 

【おすすめその③】エリアを絞った無駄のないリスティング広告

 

SEO対策を実践してもクリックが集まらなかったり、希望のワードで上位表示が実践できかったり。GoogleやYahooが検索エンジンとして唯一「確実に上位検索が出来る方法」として公式に紹介をしているのがこの「リスティング広告」です。

 

リスティング広告とは?

リスティング広告は別名「検索連動型広告(検索広告)」とも呼ばれ、GoogleやYahoo!の検索エンジンの上部と下部に掲載される有料のテキスト広告です。

GoogleやYahoo!などの検索媒体に広告費として料金を支払い、ユーザーの検索結果の画面に広告を表示させます。広告費は、クリックされるごとに課金される仕組みのため、表示をされてもクリックが発生しなければ料金はかからず、無駄の少ないWEB集客の手段のひとつです。

また静岡で集客を行う場合は、リスティング広告の配信エリアを絞り込むことで、コストパフォーマンスの良い集客を行うことができます。なぜエリアを絞るかというと、静岡県外、つまり自社の商圏から外れたエリアでどれだけクリックが発生しても、受注に結びつく可能性が極めて低いからです。受注につながる可能性の低いクリックは無駄ですので、そのような費用の無駄は可能な限り省きたいですよね?具体的には下記のような地域の指定を行うことができます。

 

特定の地域だけに配信&集客できるリスティング広告

リスティング広告で地域を絞った配信を行う場合、例えばGoogleのリスティング広告なら、地域設定は「静岡県内」という大まかな指定だけでなく、「静岡県浜松市」や「店舗から半径5キロ圏内」などといった細かな指定が可能です。配信地域をしっかりと設定することで、商圏から外れた地域でクリックが発生するのを防ぎ、広告費の節約に繋がります。

また紙媒体のマス広告はサービスに対し「興味のない方」にも多く配信されるため費用の無駄も多いのに対し、リスティング広告は【興味を持っている人】にダイレクトにアタックが出来るため、その点でも効率的な集客が行いやすい手段であると言えます。

 

リスティング広告で無駄のない運用をして集客を加速させる

とても便利なリスティング広告というツールですが、方法を間違えれば多額の無駄な費用が発生してしまいます。費用の無駄を発生させないためには、配信ターゲットを適切に設定したり、検索キーワードを丁度いいリーチになるように設定した上で、無駄キーワードを除外したりする必要があります。しかし実際は、長年の経験がなければ、目的に最適化して無駄なく運用するのは至難の技です。

自社でリスティング広告を運用されている方の中で失敗してしまうケースとして特に多いのが、やはり無駄クリックの増加による費用の高騰です。あなたの会社は適切なクリック単価や適切なワードで運用できていますか?

もし不安に感じられた方や、そもそもリスティングに取り掛かれていない方には、一度弊社にご相談ください。

弊社では静岡県内で最も多くの事業者様のリスティング広告の運用代行を実践しており、もちろんご興味のあるお客様には無料でカウンセリングを行っております。こちらも30分限定にはなりますが、皆様のアカウントがきちんと運用されているかどうかや、どのようにリスティング広告を始めたらよいか等、お悩みを聞かせていただければと思います。

ちなみに、もしご契約いただいた場合の運用手数料は20,000円~/月と案外安価なので、お試しでご依頼になるお客様も多いです。無料カウンセリングの上ご興味がわきましたら、ぜひご利用ください。

 

30分限定のリスティング広告相談へ(毎月3社限定)→

 

 

 

 

【おすすめその④】インスタグラムを徹底的に活用すること

急成長SNS「インスタグラム(Instagram)」

静岡での集客に限らず、BtoCの集客活動において、SNSは非常に効果的なツールです。その中でも特にインスタグラムをおすすめしており、その理由は1)国内で最も勢いよく成長しているSNSであること 2)ユーザーがサービスを探すオープンなSNSであることです。インスタグラムは2019年には親(おや)サービスであるFacebookの月間アクティブユーザー数を超え、3,300万人を突破しました。シェア機能がないため拡散性は弱いものの、人気の情報収集ツールとして幅広い世代に使われている点がおすすめのポイント。

そんなインスタグラムですが、無料で利用ができ、手軽に始められる一方で、機能が多く使いこなすのに戸惑っている方も多いのではないでしょうか?

もちろんストーリーやハッシュタグは「朝飯前」くらいの気持ちでご利用いただきたいとして、以下のような比較的最近実装された機能は活用できているでしょうか?

以下の機能をまだまだライバルが少ない傾向にある“穴場機能”としてご紹介します。

 

インスタグラムの“穴場機能”「リール」

「リール(Reels)」とは15秒から最大30秒の短尺動画を共有できる新機能です。BGMやARエフェクトなどの動画編集ができるうえ、スマホ全画面表示の動画投稿ができ、発見タブ内でも表示されるため、フォロワー以外のユーザーにも見つけてもらいやすい機能です。サービスの特徴を認知拡大し、ファンを増やす上では特に向いている機能となります。

また動画を使いこなしているアカウントが少ないからこそ、このリールの露出では他社よりも優位にはたらき、フォロワーを獲得するのに非常に活用が出来ます。

 

インスタグラムの“穴場機能”「まとめ」

「まとめ」とは、おすすめの商品やスポット、気に入った投稿などを自分のプロフィール上で記事風に表示できる機能で、ガイド機能とも呼ばれています。洗練されたレイアウトが特徴で見栄えがよく、自社のおすすめ製品のまとめをカテゴリ分けして作成したり、おすすめのスポット情報などを位置情報タグと関連付けてまとめることができます。

 

インスタグラムの“穴場機能”「ハイライト」

「ハイライト」機能は、投稿したストーリーを24時間経過後もプロフィール上に残したまま公開しておくことができる機能です。ストーリーといえば、24時間だけ見ることのできる投稿機能ですが、このハイライト機能を使うと、24時間以上表示しておくことができます。ハイライトはプロフィール画面上に丸枠で表示されます。自己紹介のすぐ下と目立つ位置にあり、タップすれば再生できます。反響があったストーリーが24時間で消えてしまうのはもったいないので、そんなときはこのハイライト機能を使うと便利です。

 

これらの機能は競合と差をつけるにはもってこいの機能なので、ストーリーやハッシュタグと併用してぜひご活用ください!

 

 

 

 

 

【番外編】オフラインとオンラインの連携も忘れずに!

 

もし、これまで静岡県内や店舗の周辺でポスティングや折込チラシなどのオフライン集客をすでに行っている場合は、オンラインへの連携強化にも活かしましょう。紙媒体であっても、QRコードを掲載してWEBサイトやSNSアカウントへ誘導することで、受注に繋がる可能性が高まります。これまでに確立したオフライン集客のノウハウをそのまま活かす事ができるのも嬉しいポイントではないでしょうか。

 

QRコードはWEB上で無料かつ簡単に作成できる

WEB上にはURLからQRコードを作成できる無料サービスがあります。わずらわしい会員登録等もいらず、誰でも簡単に利用できるので、ぜひ活用してください。ロゴを組み込んだり、囲み文字を入れたりとデザインにあわせて外観を工夫することもできます。

 

【QRコードを生成できるサイト】

QRコード作成【無料】/QRのススメ

https://qr.quel.jp/

QRコード(二次元バーコード)作成【無料】

https://www.cman.jp/QRcode/

QRコード作成|QRの解析|クーポン発行 無料|商用利用可|クルクル マネージャー

https://m.qrqrq.com/

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回の記事では静岡県でWEB集客を行う場合に効果的な方法をご紹介しました。今回ご紹介した4つの方法は、静岡県での集客でなくともエリアを絞った集客を行いたいときには有効な方法となりますので、静岡県内外問わず実施いただければと思います。

また文中にWEBサイトの無料診断とリスティング広告の無料相談をご紹介させていただきましたが、それ以外にもWEB集客全般のご不安に関しご相談を【30分無料で】承っております。もしご興味ありましたら、この機会にご不安事をお話いただければと思います。

 

WEB集客全般の30分間無料相談→

 

 

 

 

 

この記事はわたしが書きました

スリーカウント株式会社 運用チーム アカウントマネージャー野中厚佑

静岡のWEBマーケティング企業スリーカウント㈱で広告アカウントマネージャーと社内マーケターを兼任。
3年間デザイナーとしてWEB制作や紙媒体の実務に携わった経験を持つ。マーケターとしては珍しいデザインの経験を活かして、現在はデザイン的観点を取り入れたマーケティングを勉強中。
日常的な業務としてリスティング広告・ディスプレイ広告の運用を担当し、日々WEB集客における勝ちパターンを模索している。

「WEBマーケティングを活用して集客の問題を解決したい」
「ホームページの成果をもっと伸ばしたい」
「採用の問題を解決したい」
など、お気軽にお問い合わせください!